Kokoro☆Photo

--記録「写真」より、記憶「写心」

/京都観光の想い出「記憶写心」お撮りします。
/公式サイト/http://kokoro-photo.jp/



/Photographer Profile
///
/Comments
  • 正道。。。(京都/麺場 田所商店 - 伏見桃山店)
    探偵GOD 橋本 (12/07)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    華元 (12/30)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    kenji (12/28)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    華元 (01/23)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    くっきー (01/19)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    華元 (01/27)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    yuka (01/26)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    華元 (01/14)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    dokidoki (01/09)
  • On your mark。。。 (京都 祇園祭)
    華元 (07/24)
/Categories
/Archives
/Favorite Sites

/[■写真関連 ○京都関連 ▲音楽関連 ☆その他]
/Search This Site
/Others
<< 京都千丸しゃかりき(つけそば)。。。 | main | それぞれのツールは、善きベクトルに向けて。。。佐々木清次さん・ラジオ撮影 >>




私の「ツール」。。。京都大丸/FLAGS Cafe
JUGEMテーマ:京都ランチ

R0017903

写心は大丸京都店内3Fにある「FLAGS Cafe」。
http://www.flags.jp/flagscafe/index.html






R0017908

すべての人には、それぞれ自分だけに天から与えられた「ツール」が必ずあります。
与えられた「ツール」はそれぞれ違うけれども、それらは全て、
宇宙全体が善くなるような働きに向けた「善きベクトル」という同じ方向に向いています。
そのベクトルとは、『人の喜びと幸せの実現を通した社会全体・宇宙全体への貢献』。






R0017909

僕にとって、その「ツール」は写心でした。
「ツール」と言っても、文字通りの仕事道具や職種の事ではありません。
「ツール」と職種とがイコールであれば幸せですが、多くの場合はそうでないことが多い。
そもそもイコールである必要がありません。






R0017910

そして、みんなそれぞれの「ツール」を持っているけれども、すべてが同じ一つの「善きベクトル」に向いています。
だからどんな「ツール」も全てなくてはならない尊い存在。






R0017912

「ツール」には大小はもちろん、優劣もありません。
だから「ツール」の社会的評価や、他者の「ツール」と比べる必要はそもそもなく、
自分だけの大切な「ツール」をしっかり100パーセント使いこなせばいいのです。
どんな「ツール」も真心こめて正しく使えば、すべてが「善きベクトル」を向いているのですから。






R0017913

みんなが「善きベクトル」を意識しながら、自分の持つ「ツール」を大切に育み100パーセント正しく使えば、
あらゆる全てが善き方向へ動き始めます。






R0017512

一方で、ベクトルを悪い方向、すなわち「自分さえ良ければ」と"利己"に走り始めた途端に、
その逆の事が自分自身にも社会や宇宙全体にも起こるわけです。
僕は過去にそういう人たちを直にたくさん見てきた経験があります。

「善きこと」のためになんて大それた事、と思うのであれば、
とにかく自分だけの「ツール」を大切に育み、それを必死に使いこなす事だけに集中すればいい。

「ツール」は大小・優劣がないのだから、どんな「ツール」も人として正しく用いて100パーセントを発揮すれば、
「善きこと」と意識しなくても「善きベクトル」に自らを自然に合わせていることになるのです。

今一度、すべての人が自分自身が持つ「ツール」に誇りを持つべきではないでしょうか。
日本の"一国の首相"という「ツール」でなくても、例えば一緒に働く仲間やいつもそばにいる大切な人たちに
いつも「笑顔」で接するというささやかな「ツール」であっても、それは同じ「善きベクトル」に向いているのです。
首相という「ツール」と、笑顔という「ツール」。
どちらも同じだけ尊い。
だから、自分には何の「ツール」もないと嘆くよりも前に、
今現時点で自分が持っているどんなささやかな「ツール」にも目を向けてみるべきです。

人は、たくさんの満足を「当たり前」と勘違いし、
ほんの僅かな不足に大きな不満を感じて愚痴をこぼしてしまう厄介な生き物です。
たくさんの満足に目を向けて感謝することはもちろん大切ですが、
どんなささやかな「ツール」にも目を向けて、大いに誇りを持って大切に育み使わないといけない。
それは必ずどこかで社会全体を「善きベクトル」に向けるという大役の一端を担っているのですから。

特に日本社会全体で「心」が枯渇してきていることによる"利己主義"が蔓延し始めている今だからこそ、
もう一度しっかりとそれを意識する必要がある時に来ていると僕は思っています。


::: 京都市下京区四条通高倉西入ル立売西町79 京都大丸3F、「FLAGS Cafe」 :::


今日もすべての輝く「心」が育まれますように。。。



 

----京都府内の教育・医療機関などの公共機関が主催されるイベント等のボランティア撮影や、
----学校などの写真部や写真学科などへ、ボランティアでの「写心」活動・指導を通して、
----現代人が失いつつある「真心」を取り戻し、「"こころ"一杯の街、京都」を目指すための、
----『心育(ココイク)』写心ボランティア活動をしています☆

----また、京都での観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

----詳細はコチラを! → http://kirari-photo.jp/
 

 
0
    Posted by Hiro
    京都 - カフェ飯 / comments(0) / trackbacks(0) /
    COMMENT









    Trackback URL
    トラックバック機能は終了しました。
    TRACKBACK