Kokoro☆Photo

--みんなが優しくなれる「写心」

/京都観光など色んな出張撮影いたします。
/公式サイト/http://kokoro-photo.jp/



/Photographer Profile
///
/Comments
  • 正道。。。(京都/麺場 田所商店 - 伏見桃山店)
    探偵GOD 橋本 (12/07)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    華元 (12/30)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    kenji (12/28)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    華元 (01/23)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    くっきー (01/19)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    華元 (01/27)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    yuka (01/26)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    華元 (01/14)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    dokidoki (01/09)
  • On your mark。。。 (京都 祇園祭)
    華元 (07/24)
/Categories
/Archives
/Favorite Sites

/[■写真関連 ○京都関連 ▲音楽関連 ☆その他]
/Search This Site
/Others




Starbucksの「善き心」 - 京都四条通ヤサカビル店
JUGEMテーマ:スターバックス

R0019483

かなり頻繁にスターバックスを愛用しています。

スタバ中毒者です(笑)

居心地がいいし、フェロー(スターバックスで働くスタッフの方の呼称)の方々のホスピタリティーがスバラシイ!

もれなくではありませんが、カップの横に黒のマジックで注文内容を記載される時に、

ちょっとしたメッセージやイラストを描いてくださる事があります。

スターバックスからの「善き心」。






R0019485

写心はStarbucks「京都四条通ヤサカビル店」

思わずにっこりしてしまいます ( ^^ )






R0019489



R0019491



R0019486

ささやかな「善き心」の地道な積み重ね。

「いま・ここ」の自分の都合だけではなく、

「いま・ここ」の他者のために。。。



今日もすべての輝く「心」が育まれますように。。。


 

----京都府内の教育・医療機関などの公共機関が主催されるイベント等のボランティア撮影や、
----学校などの写真部や写真学科などへ、ボランティアでの「写心」活動・指導を通して、
----現代人が失いつつある「真心」を取り戻し、「"こころ"一杯の街、京都」を目指すための、
----『心育(ココイク)』写心ボランティア活動をしています☆

----また、京都での観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

----お気軽にご連絡下さい → info■kokoro-photo.jp(■をアットマークに変更下さい。)
 

 
0
    Posted by Hiro
    / comments(0) / trackbacks(0) /
    5月3日、「憲法記念日」に想う。。。
    JUGEMテーマ:憲法改正

    ゴールデンウィークが終わり、お仕事に戻られた方も多いと思います。
    そんな連休中の5月3日は『憲法記念日』でした。


    ※ 写心と以下本文は関係ありません。


    『憲法記念日』と言えば、メディアでは随分以前から"憲法改正"に関する議論が繰り広げられていますね。

    悲しいかな、日本が過去にアメリカと戦争をしたという歴史すら知らない日本の子どもたちが増えているらしい。
    そんな中、政府による「集団的自衛権」の行使を認める動きが進んでいます。
    海外で戦争をしない国だった日本が、どこでも戦争ができるようになるかもしれない。
    過去と同じ悲惨な目に合わないための、抑止力となる自衛のための戦力であるから正当化される、、、らしいのですが。


    僕は日本人が元来から持っている特有の"ある体質"に危機を感じています。
    その体質とは、「(空気を読むに始まる)場の倫理」「多数同調主義」に陥る"体質"。
    何となく決まったことだからと成り行きで"ずるずる"流されてしまい、
    いつの間にか仕方がないと諦める"体質"。
    日本政府はそれを知ってか、そんな国民の"体質"を利用してどんどん勝手に決めてしまっているような気もするのですが(^_^;)



    太平洋戦争の当時、自分の息子を兵役から逃れさせたり、『戦争反対』をうったえた人はごくごく少数。
    多くが自らすすんで戦勝を祝う行列に参加したと言われています。
    このように、一度戦争が始まってしまえば、
    日本人の「(空気を読むに始まる)場の倫理」「多数同調主義」"体質"が悪い意味で出てしまい、
    戦争反対をうったえたり、そのための具体的な行動を起こす人が出てくるとは考えにくい。


    現代の日本でも「空気を読めない」人を、『KY』と行って揶揄する風潮、文化があります。
    多くの日本人の『KY』に対する揶揄に、僕はとても違和感を覚えます。
    周りと「協調」することはとても素晴らしいことです。
    しかし日本人のそれは、単なる盲目的な「同調」を強要するのがとても多い。


    それぞれの「個」の可能性を尊重し、意見が異なる人との相違を認め、
    その中でどうすればお互いが、全体が「善く」進んでいけるのか。
    そのための議論による争いを避ける。
    道理に照らしあわせて「正しい・悪い」を判断せず、その場の雰囲気や多数の意見を取り入れる「多数同調主義」。
    そして、少数の意見の人は「村八分」のように異質な存在にされ排除される。


    だからこそそんな日本国民の特有の"体質"に合った憲法9条の存在がとても大きいのではないんでしょうか。
    『他の大国に日本の9条のような憲法を掲げる国はない。』という理由で憲法改正を推進する考え方があります。
    これなど、『他にやっている人がいないから、自分たちも他に合わせよう。』という
    日本人特有の"体質"が悪い意味で出た考え方そのものです。
    他の国に例がないから、なぜ否定されなければいけないのでしょうか。
    そもそも、他の国に日本人のこのような特有な"体質"を持つ国民がそうそういないのです。


    戦後の日本の平和を支え続けてきた大切な日本国憲法。
    日本人はこの9条があるからこそ、これまで戦争で命を落とすことも、人の命を奪うこともありませんでした。
    今の政権は『憲法解釈』という巧みな表現を使って国民に直接問うことなく、
    世界に誇るこの憲法9条に手を入れようとしています。


    最近の中国や韓国といったアジア周辺諸国との緊張関係。
    だからと言って、世界が理想として目指すべき「戦争放棄」を手放しで放棄してしまっていいのでしょうか。


    解決のための最終手段として、武力は一切使用しないと宣言することは、世界に誇る素晴らしいメッセージ。
    日本が戦争のできる国になったら、攻める相手国にとって、日本に戦争を仕掛ける契機を与えてしまうことにもなるでしょう。
    唯一の被爆国として、平和をうったえる他の国でないオリジナルな日本であり続けるべきだと思います。


    そういった意味で今、「集団的自衛権」の行使や憲法改正に関する政府の一連の動きに対して、
    私たち日本国民はかなりの危機に瀕しているのではないでしょうか。
    今、ここで声を上げなければ将来、私たちや次の世代の子どもたちが犠牲になってしまう可能性がある。


    もし戦争が始まってしまえば、私たち日本人は元来持ち合わせた"体質"によって、また"ずるずる"流されてしまうでしょう。
    日本人の持つこの"体質"は、過去も今もそんなに変わっていないはずです。
    「空気を読む」ことが一つのスキルのように美化すらされる現代日本社会の中にいると、
    日本はまた同じ過ちを繰り返してしまうのではと思われて仕方がない。
    だからこそ絶対的な抑止力が必要なのです。
    その抑止力とは、積極的な戦力を持つことではなく、これまでの憲法9条だったはず。

    そんことを『憲法記念日』の日に、想っていました。


    今日もすべての輝く「心」が育まれますように。。。



     

    ----京都府内の教育・医療機関などの公共機関が主催されるイベント等のボランティア撮影や、
    ----学校などの写真部や写真学科などへ、ボランティアでの「写心」活動・指導を通して、
    ----現代人が失いつつある「真心」を取り戻し、「"こころ"一杯の街、京都」を目指すための、
    ----『心育(ココイク)』写心ボランティア活動をしています☆

    ----また、京都での観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
    ----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
    ----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

    ----詳細はコチラを! → http://kirari-photo.jp/
     

     
    0
      Posted by Hiro
      / comments(0) / trackbacks(0) /