Kokoro☆Photo

--みんなが優しくなれる「写心」

/京都観光など色んな出張撮影いたします。
/公式サイト/http://kokoro-photo.jp/



/Photographer Profile
///
/Comments
  • 正道。。。(京都/麺場 田所商店 - 伏見桃山店)
    探偵GOD 橋本 (12/07)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    華元 (12/30)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    kenji (12/28)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    華元 (01/23)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    くっきー (01/19)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    華元 (01/27)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    yuka (01/26)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    華元 (01/14)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    dokidoki (01/09)
  • On your mark。。。 (京都 祇園祭)
    華元 (07/24)
/Categories
/Archives
/Favorite Sites

/[■写真関連 ○京都関連 ▲音楽関連 ☆その他]
/Search This Site
/Others




【観光カメラマンの京都食べ歩き】蕎麦屋 じん六(京都/北山)で蕎麦三昧

JUGEMテーマ:京都ランチ

R0018791

無類のそば好きです。

京都には色々な蕎麦屋さんがありますが、その中でも僕が好きでいつも多くのお客様でにぎわうお店の一つ、京都府立植物園の北側の北山通り沿いにある「蕎麦屋 じん六」さん。

http://www.zingrock.com

 

一般的なお蕎麦は二八蕎麦(つなぎ2に対して、そば粉が8の割合)。

じん六さんは、そば粉十割による手打ちです。

 

R0018784

色々とメニューがある中でも、初めての方にオススメなのは『蕎麦三昧』。

蕎麦の産地が異なる3種類のお蕎麦を堪能できます。

しかもそれぞれ食べ終わってから、次の一皿を提供されるというこだわり。

一番美味しい、湯がきたてを食べて欲しいというご主人のこだわり。

 

自分の仕事に誇りを持ち、こだわりを持っている人って独特の職人オーラを感じます。

黙々と厨房で仕事をされているじん六さんのご主人を見るたびに、自分も自然にそんなオーラを放つ人になれるように頑張らねばと背筋が伸びます。

人ってやっぱり、世のため人のためと仕事を通して磨かれ高められるのですから。

 

R0018770

この日は、北海道・群馬・富山産のお蕎麦。

同じ蕎麦なのに産地が異なるだけでも、これだけ蕎麦の香りって変わるのかと驚きます。

 

R0018775

もう一つの隠れた人気オススメメニューが、この鯖寿司。

週末のお昼時にもなると、すぐに売り切れてしまうほど。

肉厚な鯖と程よい押し加減のシャリとのバランスが絶妙なのです。

 

R0018768

僕みたいに食いしん坊な人には、各種大盛りや特盛りもあるのでお腹が減っていても安心。

 

R0018758

Kokoro☆Photoでは、京都に観光にお越しになられた方に同行してスナップ撮影をしていますが、その際のお食事のご提案もしています。

食べ歩きが大好きなので、それを通して得た豊富なデータをもとに、ガイドブックだけでは分からないお客様のご要望に合った美味しいお店をご紹介いたします。

京都観光される際には同行撮影だけでなく、「旅のコンシェルジュ」としても想い出作りのお役に立てればと思っています。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

http://kokoro-photo.jp

 

0
    Posted by Hiro
    京都 - 和食 / comments(0) / trackbacks(0) /
    「京料理 入舟(京都ホテルオークラ)」のお弁当
    JUGEMテーマ:京都

    R0017531

    京都で和食。

    まだまだ高いというイメージがありますね。

    でも最近は、街中にお手頃なお値段で食べられるお店が増え、

    またデパ地下に行けば、有名店舗のお弁当が売られているので、いつでも気軽に楽しめるようになりました。






    R0017532

    京都ホテルオークラの「京料理 入舟」のお弁当。






    R0017533

    いつでも、手軽に、簡単に、楽しめるようになり、

    "和食"が「ユネスコ無形文化遺産」に登録されるまでには、

    私たちには知り得ぬ料理職人たちによるさまざまな時間をかけた、苦労の積み重ねがあります。

    まさに、『生みの苦しみ』。






    R0017536

    和食を始めとする、未来永劫に続く本当に優れたモノとは、

    「善き心」をこめ、己の「利」を忘れて、ひたすら打ち込んで行く道の中にしかないのではないでしょうか。

    苦しみの中にこそ、きっと新たな発見と、優れた道筋が作られるのだと思います。





    R0017541

    早く・楽に・簡単に。

    そして、目先の己の「利」や、消費的欲求を満たすことが人の生き方になってしまっては、

    どんどん日本から本当に優れたモノが無くなってしまわないかと心配になります。

    そんな流れにならないように、大いなる全体の「部分」を生きる僕にできる事。

    それは今日も精一杯に「善き心」をこめて、

    「心」から喜んでいただける写心を追求すること。



    今日もすべての輝く「心」が育まれますように。。。



     

    ----京都府内の教育・医療機関などの公共機関が主催されるイベント等のボランティア撮影や、
    ----学校などの写真部や写真学科などへ、ボランティアでの「写心」活動・指導を通して、
    ----現代人が失いつつある「真心」を取り戻し、「"こころ"一杯の街、京都」を目指すための、
    ----『心育(ココイク)』写心ボランティア活動をしています☆

    ----また、京都での観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
    ----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
    ----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

    ----詳細はコチラを! → http://kokoro-photo.jp/
     

     
    0
      Posted by Hiro
      京都 - 和食 / comments(0) / trackbacks(0) /
      京都SUVACO(スバコ)/はしたて
      JUGEMテーマ:京都ランチ


      R0018231

      他府県より京都にお越しの客人を京都駅で出迎えた時に、

      まずは手軽にサクッ和食を楽しみたいと言われたらお連れすることの多いお店。

      京都駅ビルにあるスバコ・ジェイアール京都伊勢丹の中の「はしたて」です。

      http://www.wakuden.jp/tenpo-hashitate/


      京都で有名な料亭「和久傳(わくでん)」さんによるお店で、

      丹後の海の幸、山の幸などを使った種類豊富な丼ぶりを手軽に楽しむことが出来ます。

      また、『鯛の胡麻味噌寿し』やひと味違った素麺、毎朝料理人が炊くちりめん山椒など、

      「はしたて」オリジナルのお持ち帰り品や手土産品もあるので、京都を発つ前のお土産を購入するのにもとてもオススメ。






      R0018219

      お店の外から厨房が見える造りになっているので、料理人さんたちの真剣な仕事を間近で見ることが出来ます。

      「心」をこめて事にあたれば、顔や表情に自然と表れます。

      そんな料理人の方々の真剣な眼差しを見れば、食べる前のワクワク感も増しますし、

      感謝をこめて料理をいただき、頂く前に撮る写心も真剣に撮りたいという「善き心」になります。

      「善き心」はこうして伝播していくもの。

      だから何事も事にあたる時には、この「善き心」を忘れないようにしたいものだなと思います。






      R0018220

      さて、和食というと"先付け"から始まってコース仕立てというイメージがあり、

      ゆっくり時間をとって楽しむということが多いのですが、「はしたて」ではほとんどのメニューが一皿完結。

      カフェ飯のワンプレートランチの"和食版"というイメージです。

      このように一皿の中で、鯖寿司や色々な品を楽しむことが出来ます。

      だから気軽に入れて、さくっと楽しめるのがいいのです☆






      R0018230



      R0018223



      R0018229

      京都に来られた方に、京都で最初に食す一皿でグッと「心」を掴む。

      そして逆に、京都を発たれる方へ、

      最後のご挨拶の一皿でおもてなしの"感動"を持って帰っていただく。






      R0018228

      平日でもお昼時にはかなり待ちの列が出来ますので、営業開始直後(11時)に行くか、

      丼は17時まで提供されていますので、時間をずらして遅めに行くのがいいでしょう。

      ただ、一皿完結のメニューがほとんどなのでお客の回転が早く、長い列もそれほど気になりませんでした。


      京都にはこうして手軽に和食を楽しめるお店がかなり増えました。

      和食が「ユネスコ無形文化遺産」に登録されたこともありますし、近年の健康志向に対する意識の高まりと相まって、

      日本の食文化が育まれるというのは私たち日本人にとっての大切な「ツール」であり、「誇り」ですね。



      今日もすべての輝く「心」が育まれますように。。。


       

      ----京都府内の教育・医療機関などの公共機関が主催されるイベント等のボランティア撮影や、
      ----学校などの写真部や写真学科などへ、ボランティアでの「写心」活動・指導を通して、
      ----現代人が失いつつある「真心」を取り戻し、「"こころ"一杯の街、京都」を目指すための、
      ----『心育(ココイク)』写心ボランティア活動をしています☆

      ----また、京都での観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
      ----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
      ----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

      ----詳細はコチラを! → http://kirari-photo.jp/
       

       
      0
        Posted by Hiro
        京都 - 和食 / comments(0) / trackbacks(0) /