Kokoro☆Photo

--みんなが優しくなれる「写心」

/京都観光など色んな出張撮影いたします。
/公式サイト/http://kokoro-photo.jp/



/Photographer Profile
///
/Comments
  • 正道。。。(京都/麺場 田所商店 - 伏見桃山店)
    探偵GOD 橋本 (12/07)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    華元 (12/30)
  • Merry Christmas 。。。 (京都府立植物園 - 観覧温室夜間開園&ポインセチア展)
    kenji (12/28)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    華元 (01/23)
  • 流れを感じる Part2 。。。 (京都タカシマヤ・ダイニングガーデン京回廊 - 糖朝)
    くっきー (01/19)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    華元 (01/27)
  • 孤独道 part3 。。。 (大谷本廟)
    yuka (01/26)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    華元 (01/14)
  • 新たな年。。。 (京都ブライトンホテル - ラウンジ クー・オ・ミディ)
    dokidoki (01/09)
  • On your mark。。。 (京都 祇園祭)
    華元 (07/24)
/Categories
/Archives
/Favorite Sites

/[■写真関連 ○京都関連 ▲音楽関連 ☆その他]
/Search This Site
/Others




「心」の有り様が、"今"の私の現れ。。。
JUGEMテーマ:今日のおやつ

R0017061

「心」に思ったことが言葉に
「心」に思ったことが行動に出る

だから「心」を育まないといけない






R0017063

普段の「心」の在り様が、"今"の私の現れ。

だから「写心」を撮るときは、一枚一枚シャッターを切る指先に「真心」をこめて。


今日もすべての輝く「心」が育まれますように。。。



:: 京都市東山区東山区粟田口華頂町1 ウェスティン都ホテル京都内、「メイフェア」 ::



 

----京都府内の教育・医療機関などの公共機関が主催されるイベント等のボランティア撮影や、
----学校などの写真部や写真学科などへ、ボランティアでの「写心」活動・指導を通して、
----現代人が失いつつある「真心」を取り戻し、「"こころ"一杯の街、京都」を目指すための、
----『心育(ココイク)』写心ボランティア活動をしています☆

----また、京都での観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

----詳細はコチラを! → http://kokoro-photo.jp/
 

 
0
    Posted by Hiro
    京都 - カフェスイーツ / comments(0) / trackbacks(0) /
    「ホスピタリティ」を考える。(スターバックス@京都四条通ヤサカビル店)
    JUGEMテーマ:京都ランチ

    R0018472

    スターバックスでゆったり自己流哲学に浸って読書しながら過ごすひと時が大好きです。
    http://www.starbucks.co.jp/







    R0017566

    『フェロー(スターバックスで働く方の呼称)』の皆さんのホスピタリティの高さにはいつも感動することが多いです。
    それも、今まで訪れた全てのスターバックスのお店で。






    R0018463

    思いやり・「心」からのおもてなしを意味する「ホスピタリティ」。






    R0018466

    「マナー」は、形や行動などで示すことで、相手に不快感を与えないための"最低限のルール"。
    そこに「心」を加えることで、「ホスピタリティ」になります。
    「ホスピタリティ」による深い心地良さが、信頼、安心感そして感動に繋がるのです。






    R0018468

    お客様からお金を頂くことで「サーヴィス」を提供するのは当たり前であり、最低限の基本的なもの。
    一方で「ホスピタリティ」とは対価を求めているのではなく、
    おもてなし・喜びを与えることに重点を置いているのが「サーヴィス」とは異なります。
    「自利」を前提とした損得勘定ではなく、高い「ホスピタリティ」を提供することで、
    あくまで結果として後から利益がついて来るという考え。
    「ホスピタリティ」において大切なことは、目先の利益を求めての行動ではありません。
    人間性や信条・個性・感性と言った人の内面に関わる「心」。
    まさに『利他の心』。






    R0018469

    記録「写真」より、記憶「写心」
    僕が撮影のモットーにしているように、「心」をとても大切に考えています。






    R0018474

    企業における知名度向上のためや、利益を増やすための「手段」を考えることも大切なことですが、
    それでは「サーヴィス」に留まるだけ。
    それを超えていかにしてお客様への「ホスピタリティ」を想うことが出来るのか。
    その時必要なのは、頭で考える手段だけの「サーヴィス」内容ではなく、純粋に他を思いやる「利他の心」。
    当たり前ですが、「ホスピタリティ」を己への益のための手段として考えてはなりません。
    どんな画期的な手段でも「心」が無ければ、いずれお客様は離れていくでしょう。
    「心」は善きも悪きも必ず伝わるのですから。
    スターバックスが常にたくさんの人で賑わっているのには、
    提供する「サーヴィス」内容以外の、フェローの皆さんの「ホスピタリティ」がとてもスバラシイ事にあるのだと思います。






    R0018448

    スターバックスのフェローの皆さんは、お客様が払ったお金でドリンク・フードを提供して終わりではなく、
    お店でくつろぐお客様への笑顔を忘れず、気になった方には声を掛けたり、
    来店されたお客様へも笑顔でご挨拶したりされています。
    「サーヴィス」を超えて、自分から進んでコミュニケーションを図ろうとされているのです。
    たとえ、その行為自体が1円の報酬にもならなくても。
    それこそが「真心」であり、「利他の心」です。






    R0018470

    本来、企業も人もそんな「心」のこもった「利他の精神」があってこそ存続・繁栄するのですが、
    最近見聞きする多くの日本人の「自利」に走った言動や行動は目に余るものが多すぎます。
    例えば、サービス業で言えば、「ホスピタリティ」と「サーヴィス」を混同されているお客様。
    お金を払っているお客は神様。
    そんな神様だから「サーヴィス」の範疇を超えたどんな要望でも店は言うことを聞くのが当たり前という精神。
    確かにプロとしてお金を頂いた以上、「サーヴィス」を提供するのは当たり前のことです。
    でも、損得勘定なしに他を思いやる「利他の心」を短絡的にお金と結びつけて、
    「サーヴィス」と捉えるのは人として「心」なき考え方です。






    R0018452

    他にもさまざまな日本人の「心」なき言動や行動に、日本はこのままではダメになってしまうのではないか。
    少なからずそんな危機感を僕は持っています。
    だから小さな事でも自分の出来る「真心」をコツコツと、『心育(ここいく)』写心活動を通して実践し、
    まずは自分の住む街ここ京都から「"こころ"一杯の街、京都」にしたいと思っています☆






    R0018473

    ただひたすら自分から「真心」を与え続けること。
    ただ実直にそれだけです。
    どんなに自分にとって不遇の中にあっても。
    自利のために頭で考えた「手段」よりも、内から湧き出る「真心」にこそ、人は自然と集まるのですから。






    R0018456

    ::: 京都市下京区四条通柳馬場西入ル立売中之町106 「スターバックス」(京都四条通ヤサカビル店) :::

    今日もすべての輝く「心」が育まれますように。。。


     

    ----京都府内の教育・医療機関などの公共機関が主催されるイベント等のボランティア撮影や、
    ----学校などの写真部や写真学科などへ、ボランティアでの「写心」活動・指導を通して、
    ----現代人が失いつつある「真心」を取り戻し、「"こころ"一杯の街、京都」を目指すための、
    ----『心育(ココイク)』写心ボランティア活動をしています☆

    ----また、京都での観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
    ----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
    ----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

    ----詳細はコチラを! → http://kirari-photo.jp/
     

     
    0
      Posted by Hiro
      京都 - カフェスイーツ / comments(0) / trackbacks(0) /
      心を休めることで、心を養う。。。(上島珈琲店/京都四条烏丸店)
      JUGEMテーマ:写真

      突然ですが、あなたは「自分の心を休め、育む場所」をお持ちですか?

      いえ、何も怪しい集会とか団体のご案内ではありません(笑)


      以前に僕は「写真」は「写心」であると述べました。
      http://jp.kirari-photo.jp/?eid=1029

      "写心"は字のごとく、撮影者と被写体の心がシンクロして写し出されます。
      いい"写心"のためには、心を休め、育む時間も大切です。
      いえ、"いい写心"のためにかぎらず、今を生きる全ての人にとって必要なこと。


      特別な場所でなくてもいいのです。
      お家のトイレとか、布団の中とか、いつもの通勤の電車の中とか。。。

      物理的に一人になることよりも、「心一人」になる時間を持てる場所
      僕の場合は、ドライブしている時の愛車の中と、もう一つ、街中の"カフェ"がそれ。

       

      いろんなカフェに行きますが、今日はその中から「上島珈琲店」さんをご紹介します。
      http://www.ueshima-coffee-ten.jp/

      "写心"は全てRICOH - GR DIGITAL 4でスナップしています。
      飲食店でこのカメラを愛用している理由などは、以前のブログをご覧ください。
      http://ameblo.jp/marukacamera/entry-11932025103.html

      「上島珈琲店」さんは、京都市内にいくつか店舗がありますが、どこも居心地がとてもいい☆

       


      店内はとても暗いのですが、「RICOH - GR DIGITAL 4」は、F1.9という明るいレンズと相まって、手ブレ補正もついており、その補正効果はメーカー公称シャッタースピード換算で、最大約3.2段となっています。
      手ブレ補正がないカメラに比べて、同じ場面でシャッタースピードを3段分も速く撮れるので、シャッタースピードが遅くなる暗い場所での手ブレ防止にとても便利です。
      ただし、被写体が動くことで発生する「被写体ブレ」は防ぐことが出来ないので、注意が必要です。

      でも、だからいい加減にシャッターを押していいのではなく、カメラがブレないようにきちんとカメラをホールディングして、心を込めてそっとシャッターを押すことが"写心"のための基本です。

      現在のGRシリーズの最新カメラは、『GR』。
      http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr/
      リコーさん、次期モデルはもう少しレンズを明るく、手ぶれ補正を入れていただけたら嬉しいな☆


      さて話を元に戻して。。。
      あなたは、心を休め、育むために何をされていますか?
      趣味に没頭したり、何もせずにボーっとしたり。。。人それぞれ色々あると思います♪

      僕は本を読むのが好きです。
      心を育むのにはうってつけだと思います。

       

      カフェでまったり、本を読む至極の時間。

      知識を得るための読書ではありません。それは、勉強。
      心を育むための読書、「心育(ここいく)」

      最近は若者の本離れが言われています。
      その度に、過度な偏差値教育の弊害で「本を読んで感じる」よりも、「本を読んで覚える」になってしまったのではと思います。

      勉強に限らず、例えば小説を読んだら、その世界をありありと創造してみたり、話の続きを創造したり、自分だけの別のオリジナルストーリーを考えたりすることで、どんどん自分の精神空間が広がって行きます
      自分の内なる世界が拡がってこそ、本当に学ぶことの意味があるのではないでしょうか。

       

      本を読んでその内容を知識として覚えるのではなく、自分の心が震えているかどうか。

      難しい本でなくてもいいのです。
      自分の心が震えるような本を見つけたら、同じその作家の別の本を読んでみる。
      そうやって心を育む経験を積むことは、不思議と自分の心の成長に繋がり、
      "写心"にも現れているものです。

      "写心"を見る者にはちゃんと伝わっています。あなたの心が。

      だから、
      物理的に「孤立」するのでなく、心「孤独」になる時間を大切にしましょう☆


       

      ----京都を中心に観光同行スナップ写真・ロケーション・イベント・ホームページ用写真、
      ----ご家族・恋人などとの大切なお写真、その他様々な出張撮影を承っております☆
      ----撮影モットーは、記録「写真」より、記憶「写心」

      ----詳細はコチラを! → http://kirari-photo.jp/

      ----"写心"を通して、一人でも多くの方へ笑顔をお届けしたい (^^)
       

       
      0
        Posted by Hiro
        京都 - カフェスイーツ / comments(0) / trackbacks(0) /